【テレビ】 近畿地方地震で各局「報道特別番組」・・・テレビ東京は韓流ドラマを予定通り放送

18日に近畿地方で最大震度6弱の地震が起こったことから、テレビ各局は軒並み、報道特別番組を組んで、被害状況などを伝えた。 NHKは連続テレビ小説「半分、青い。」と、「あさイチ」を中止。TBSも、「ビビット」放送後は通常ならば「おびゴハン!」を放送する予定も「報道特別番組」に切り替え。…続きを読む

テレビの最新ニュースはこちら!

【東京新聞】 10代、20代の若者たちぞっこん、第3次韓流ブーム

韓流新世代 若者ぞっこん、第3波の予感 韓国ドラマ「冬のソナタ」(2003年)に始まる第1次韓流ブーム、東方神起やKARAの第2次ブーム(10~12年)に続いて、新たに第3次ともいわれるブームが起きている。 日韓の歴史問題や国際政治に左右され、盛り上がっては消えていった韓流ブーム。と…続きを読む

韓流の最新ニュースはこちら!

【クールコリア】世界で韓流に対する否定的な認識が広がる「コンテンツが商業主義的すぎる」

ざっくり言うと 韓流コンテンツに対して、海外消費者の否定的な認識が強まっているという「南北分断や北朝鮮の国際的な威嚇に関する報道」が理由として多いそうほかに「コンテンツが商業主義的すぎる」「政治・外交摩擦」なども上がった 【ソウル聯合ニュース】韓流コンテンツに対する海外消費者の消費心理が改善した…続きを読む

韓流の最新ニュースはこちら!

【音楽】女子中高生が牽引する「韓流ブーム第三波」

現在、日本には“韓流ブーム”の第三波が押し寄せている。 2002年ごろ、あの“ヨン様”で有名になった『冬のソナタ』を第一波とすると、その後の『少女時代』、『KARA』、『東方神起』の韓流アイドルブームが第二波。そしていま、女性アイドルグループ『TWICE(トゥワイス)』による第三波の韓流ブー…続きを読む

韓流の最新ニュースはこちら!

【日刊ゲンダイ】 第3次韓流ブーム到来

女子高生が夢中 ジャニーズが恐れる第3次韓流ブーム到来 昨年のNHK紅白歌合戦に出場した韓国出身の女性アイドルグループ「TWICE」の日本2枚目のシングル「Candy Pop」が、今週発表のオリコン週間ランキングで初登場1位を獲得した。 両手の親指と人さし指を下に向けて矢印をつくり、…続きを読む

韓流の最新ニュースはこちら!

【TBS】テレビがチーズタッカルビを特集 「女子中高生に人気」報道に韓流ゴリ押しを疑う声も

チーズタッカルビ特集にネットでは否定的な意見 昨今では、韓国アイドルや韓国料理などがテレビで紹介される…続きを読む

テレビの最新ニュースはこちら!

【芸能】TWICEの紅白初出場に批判続々「全然知らない」「韓流なら東方神起を出すべき」

第68回・NHK紅白歌合戦の出場者46組が16日、NHKより発表された。注目の初出場アーティストは白組ではHey!Say!JUMP、三浦大知、エレファントカシマシ、竹原ピストル、トータス松本、WANIMA、一方の紅組は丘みどり、SHISHAMO、TWICE、Little Glee …続きを読む

芸能の最新ニュースはこちら!

【芸能】<若い女性にブームが再燃 >「韓流」なぜ10代に受けている?

韓国ガールズグループ「少女時代」のメンバー3人が所属事務所と再契約せず、脱退すると報じられた。8人が5人になるが、一世を風靡した少女時代も、今年で結成10周年。韓流ブームは遠い昔のように思うが、ここ最近、新大久保が賑わっている。  休日の駅前は身動きが取れないほどの混雑で、歩いているのはほと…続きを読む

芸能の最新ニュースはこちら!

【芸能】韓流女優にあこがれ美容整形を60回も受けた台湾の「人造美女」タレント、超高額ギャラで中国進出(写真あり)

2017年7月8日、美容整形タレントとして知られるスーロン(斯容)が、高額ギャラで中国に進出し、ネット配信番組の司会者を務めることが分かった。 これまでに大小合わせ、美容整形手術を60回も受けたと公言しているのが、台湾ではネットショッピング番組の司会で有名な女性タレント…続きを読む

芸能の最新ニュースはこちら!

【国際】アンチ韓流が新たなブームに 米・中・英などで飽きられる インド・日本・中国・UAEでは反感を抱く人も多い

2017年5月1日、新華社はこのほど、韓国の流行文化に反感を抱く海外消費者の割合が増えており、韓流関連の消費意欲が萎縮傾向にあると報じた。 韓国文化産業交流財団が4月に発表した報告書「グローバル韓流実態調査」(2016年)から明らかになった。 報告書における調査は…続きを読む

韓流の最新ニュースはこちら!