【野球】巨人の原監督がフランシスコをバッサリ「あの守備はプロとして恥ずかしい」

 (セ・リーグ、広島4-1巨人、8回戦、広島5勝3敗、6日、マツダ)2季ぶりに 広島に同一カード3連敗を喫した巨人は守備のほころびが響いた。  一回は無死二塁で、菊池のバントを本来処理すべき一塁手のフランシスコが 見送って投前安打とした。さらに三回も無死二塁で前進していた一塁手が 緩慢な動きで投ゴロの送球を捕れずにピンチを広げた。新戦力は期待の打撃でも 2三振…続きを読む

野球の最新ニュースはこちら!

【野球】セ・リーグ T3-2D[5/6] 新井弟1人舞台!8回代打弾!9回サヨナラ打!阪神劇勝 中日好投バルデスの勝ち潰す継投失敗

中日 0 0 1  0 0 1  0 0 0 .  2 阪神 0 0 0  0 0 0  0 1 2x  3 バッテリー 阪神:岩崎、松田、安藤、福原- 鶴岡、梅野 中日:バルデス、福谷- 谷繁 本塁打 中日:平田 6回表 4号ソロ 阪神:新井 8回裏 1号ソロ 試合結果:スポーツ報知/yahoo野球 href="

続きを読む

野球の最新ニュースはこちら!

【野球】セ・リーグ C4-1G[5/6] 丸先制含む2犠飛!松山・新井兄適時打!野村好投・広島3連勝 フランシスコ拙守と三振連発・巨人3連敗

巨人 0 0 0  0 0 1  0 0 0  1 広島 2 0 2  0 0 0  0 0 x  4 バッテリー 広島:野村、一岡、中崎- 石原 巨人:菅野、小山- 小林 本塁打 巨人: 広島: 試合結果:スポーツ報知/yahoo野球 href="

続きを読む

野球の最新ニュースはこちら!

【野球】ノムさんも苦言!「試合が長い」は本当か?「試合が長いとか言っているのは、どっちが勝とうと負けようと関係ない人間だけや」

【球界ここだけの話】  プロ野球の試合時間短縮が叫ばれている。4月30日に発表された9回までの試合時間は、パ・リーグは昨年の3時間18分、  セ・リーグは3時間16分から、ともに3時間8分に短縮(5月5日現在)。自分が担当している西武の試合は、数字以上に相当短くなった感がある。  しかし本当に試合時間は長いのか? 野村克也さんに話を聞くと「試合が長いとか言っ…続きを読む

野球の最新ニュースはこちら!

【野球】セ・リーグ C13-1G[5/5] 新井兄先制含む1イニング2適時打!鈴木誠1発!打線爆発初回10点・広島圧勝 巨人杉内大炎上初回KO

巨人  0 0 0  0 0 0  0 1 0   1 広島. 10 2 1  0 0 0  0 0 x  13 バッテリー 広島:前田、ザガースキー、中崎- 會澤 巨人:杉内、笠原、高木京、宮國、戸根- 實松 本塁打 巨人:長野 8回表 1号ソロ 広島:鈴木誠 1回裏 2号2ラン、會澤 2回裏 1号2ラン 試合結果:スポーツ報知/yahoo野球 href="

続きを読む

野球の最新ニュースはこちら!

【野球】「江川と西本の人間関係は険悪ではなかった」定岡正二が証言

江川卓と西本聖。“怪物”と呼ばれ高校時代から注目を浴び続け、ドラフト外でプロ入りし“雑草”と言われた対照的な二人は、 1980年代の読売巨人軍を支えエースの座を争った。 1981年の開幕投手は前年14勝の西本がつとめ、その年、西本は18勝、江川は20勝をあげている。 その年の「沢村賞」は下馬評では江川が有力視されていたが、表彰されたのは西本だった。 …続きを読む

野球の最新ニュースはこちら!

【野球】PL学園OB 「立浪和義は別格」と高校時代の天才ぶりを回顧

7度にわたる春、夏の甲子園制覇、プロ野球選手を多数輩出。 大阪・PL学園高等学校は、誰もが知る野球の名門校だが、昨年10月に新入生部員の募集停止を発表し、存続の危機に陥っている。 母校の黄金期を支えたOB、片岡篤史(1988年卒、元日ハムほか)、橋本清(1988年卒、元巨人)、 大西宏明(1999年卒、元近鉄ほか)の3氏がかつての日々を語り合った。 …続きを読む

野球の最新ニュースはこちら!

【野球】巨人村田「タッチ知っていたが」歓声で宣告聞こえず

<広島3-2巨人>◇4日◇マツダスタジアム  巨人守備陣は適切な打球処理をした、つもりだった。広島小窪の飛球の落下点に、 三塁手村田修一内野手(34)、一塁手ホアン・フランシスコ内野手(27)、捕手実松一成 捕手(34)が向かった。大歓声に声がかき消されて人が重なり、村田が捕りに行ったが 及ばなかった(記録は失策)。落ちたボールをフランシスコが拾って本塁ベース…続きを読む

野球の最新ニュースはこちら!

【野球】珍サヨナラ劇の“立役者”広島・野間 ボーンヘッドと紙一重の走塁意図を説明

スポニチアネックス 5月4日(月)22時17分配信  ◇セ・リーグ 広島3―2巨人(2015年5月4日 マツダ)  広島の珍サヨナラ劇の立役者となった野間が4日、ツイッターを更新。 自身のプレーを反省するとともに走塁の意図を説明した。  2―2の同点で迎えた9回裏1死満塁、打者の小窪が内野に高々と上がるフライを 打ち上げ、三塁塁審がインフィールドフライを宣告。…続きを読む

野球の最新ニュースはこちら!

【野球】巨人・原監督、“想定外”のサヨナラ負けにも「しっかり話をして言いたいことも言った」

サンケイスポーツ 5月4日(月)20時47分配信  (セ・リーグ、広島3×-2巨人、6回戦、巨人3勝3敗、4日、マツダ)広島が 思わぬ形でサヨナラ勝ちを収めた。2-2の同点で迎えた九回一死満塁から、 代打・小窪が投前への飛球を放ち、審判団はインフィールドフライを宣告。 この飛球を巨人の一塁手フランシスコと三塁手村田がお見合いをする形で、落球。 その間に三走・野…続きを読む

野球の最新ニュースはこちら!