【文芸】<パックンから緊急提言!>「今世界に必要なのは、自分や自分の国に都合のいい思い込み=バイアスを外すこと」

いよいよ年の瀬、日本にとって特別な年となる2020年もあと一年余、ぐっと近づいてきた気がします。すでに世界で特別な存在感を持つ日本ですが、2020年にはさらに大きな注目を集めることになります。 それまでに、この国にある課題のいくつかを可能な限り解決……はできなくても、少なくとも具体的な議論をし…続きを読む

文芸の最新ニュースはこちら!

【文芸】<お知らせ>中江有里氏に対する論評について…『週刊ポスト』

『週刊ポスト』(9月7日号)掲載「テレビを薄っぺらくする『偽善コメンテーター列伝』」、NEWSポストセブン掲載「コメンテーターは情報番組を薄めて伸ばす『稀釈液』的存在」の両記事において、中江有里氏に対する中川淳一郎氏の論評の中に、事実に基づかない記述がありました。中江氏にお詫びし、訂正します。…続きを読む

文芸の最新ニュースはこちら!

【文芸】<田村耕太郎>他人に関心があり、暇な人が多く、嫉妬深い 日本社会…「今の日本では有名になるデメリットの方が大きい」

「アホとは戦うな。時間の無駄である」と提唱する、元政治家であり、現在はシンガポール・リークワンユー政治大学院で教鞭を執る田村耕太郎さん。しかし、60万部を突破した著書『頭に来てもアホとは戦うな!』の読者からは、「それでも戦ってしまう……」と多くの悩みの声が寄せられているという。  日々の仕事・…続きを読む

文芸の最新ニュースはこちら!

【文芸】SAMが喜びなかったメガヒット、干された過去語る

[2018年10月23日19時47分]SAMが喜びなかったメガヒット、干された過去語る ダンスユニット、TRFのSAM(56)が23日、都内で、著書「年齢に負けない『動ける体』のつくり方」(9月25日発売)の出版記念イベントを行った。 「これまでに、女性や高齢者向けのエクササイズ本やDVDは発売…続きを読む

文芸の最新ニュースはこちら!

【文芸】<村上春樹氏>「大体、僕、自分の書いたものも読み返さない。出した本でも読み返したことはまずないから…」

長らくノーベル文学賞の有力候補に挙がる作家の村上春樹氏(69)が、21日放送のTOKYO FM「村上RADIO~秋の夜長は村上ソングスで~」に出演し、自身の執筆術を明かした。  リスナーからの「日記は書いてますか?自分の核となるアイデアの育て方を教えてください」という質問に答える形で、村上氏は…続きを読む

文芸の最新ニュースはこちら!

【文芸】<よく本を読む人ほど「電子書籍」を利用!>「電子書籍」が12.2%で「紙の書籍」を9ポイント上回る!出版関連業者の苦戦続く

■進む、本の電子化  帝国データバンクは同社の企業データベースから、8月時点で出版取次および書店経営を主業とする企業2,528社を抽出して「出版取次・書店経営業者の経営実態調査」を実施し、その結果を9月21日に発表した。書店経営業者には店頭販売を行う書店のほか、中古書店やネット販売も扱う業者も…続きを読む

文芸の最新ニュースはこちら!

【文芸】“ノーベル賞代替”の文学賞 村上春樹氏が首位だった 辞退なければ受賞「彼は非常に謙虚だ」

 今年のノーベル文学賞発表見送りを受け、1回限りの市民文学賞を創設したスウェーデンの「ニュー・アカデミー」のポールソン審査委員長は、最終候補を辞退した村上春樹氏が選考過程でのネット一般投票でトップ人気だったと明らかにし、辞退がなければ「受賞していただろう」と述べた。村上氏から「幸運を祈る」…続きを読む

文芸の最新ニュースはこちら!

【文芸】<辻仁成氏>「新潮45」休刊を批判「責任放棄」「社員も読者も作家も納得できん」

作家の辻仁成氏(58)が26日、自身のツイッターを更新。性的少数者(LGBT)への表現が差別的だとの批判を受けている月刊誌「新潮45」の休刊が決定したことに「LGBTや世論の批判を45休刊でかわすのか?」と私見をつづった。  同誌は7月18日発売の8月号で、自民党の杉田水脈衆院議員の「LGBT…続きを読む

文芸の最新ニュースはこちら!

【文芸】<本を読まない子はバカになる>という話は科学的に実証できるか?

「本を読む子は頭がいい」――昔から言われていることだが、それは本当なのか?小中学生4万人のデータから科学的に実証する!読書習慣が子どもの脳に与える影響とは!?東北大学加齢研究所によるレポートの中身とは!同研究所の川島隆太教授監修の『最新脳科学でついに出た結論 「本の読み方」で学力は決まる』(青…続きを読む

文芸の最新ニュースはこちら!

【文芸】ノーベル文学賞の代替賞 最終候補に残っていた村上春樹さんが辞退

ノーベル賞の代替賞 村上春樹さんが辞退2018年9月16日 08:11 選考関係者の不祥事により、今年の発表が見送られたノーベル文学賞の代わりとなる文学賞の発表を目指す団体は15日、最終候補に残っていた日本の村上春樹さんが辞退したと発表した。 この団体はスウェーデンの作家らが設立した「ニ…続きを読む

文芸の最新ニュースはこちら!