まとめブログ

ニュース、情報アンテナ

【音楽】オリコン社長 小池氏 「AKB商法は間違っていない」「実際にAKBのイベントに行ってみてほしい。すごい楽しい」

1 : ピーチャン ★@\(^o^)/

ダウンロードやストリーミングといった音楽配信サービスが登場し、国内外の音楽産業はCD一辺倒ではなくなった。そんな中にあって、
日本を代表する音楽チャートのオリコンは、依然CDの売上高を重視する。なぜなのか。小池恒社長に話を聞いた(1月16日取材)。
(中略)

 ――握手券や投票券などをCDの特典につけるいわゆる「AKB商法」についてお伺いします。同じ人が特典目当てに同じ作品を複数枚
買うことは問題ないのでしょうか。

 お時間があれば、一度AKB48の実際のイベントに行ってみてください。ファンは1日、すごい楽しい思いをして帰っていくわけです
よ。東京ディズニーランドで1万円を使う人がいる一方で、こういう使い方があってもいいと思います。

 AKBのCDを10枚買って、イベントに行く。握手の合間には、ファン同士がコミュニティーで交流したり、新人の子のミニライブが
開かれていたりする。すごく盛り上がっているんですよね。それをきちんと見た上で、AKB商法が正しいのかどうか考えてほしい。

 ウチが把握している限り、大体平均すると10枚とか。会場に来ている人は7、8枚だと思うが、実際7、8千円の対価を払ってイベン
トに来ているということを考えたときに、AKB商法は決して間違っていないと思います。

 ――ごく少数とはいえ、CDを1万枚買う人がいたら、ランキングに影響しないのでしょうか。

 ウチのランキング上は、たとえば1万枚買っていたとしても、20枚分しかカウントしないこともあります。そこまで厳しくやらないと
、社会の信頼を得られないので。

 ――みんながAKB商法を始めたら、チャートが混乱するのでは。一般の人から見て、「ランキングがおかしいな」ということになりま
せんか。

 時代時代で、ランキング上位の顔ぶれがある特徴を持ってくるというのは、どうしようもないこと。演歌、アイドルブーム、バンドブー
ム、ビジュアル系などの変遷があって、いまはアイドルの時代です。

 そうは言いつつ、過剰な競争をあおるようなことがあれば、どこかのタイミングで、社会常識に照らし合わせて判断しなければいけない。

 たとえば、(CDランキングで集計対象としてきた)ミュージックカードも、プロモーション用に低価格でバラまくようでは、「ヒット
した」とは言えません。まったく同内容で表紙だけを変えたカードを売ることで、ユーザーの過剰な負担につながるとしたら本意ではない
。それはあまりにもイージーじゃないか、という問題意識は持っています。(※インタビュー後の4月に集計を廃止)。

 ――オリコンとしては、ランキングは単純に「CDの売り上げ順位」ということだと思いますが、世間的には「オリコン上位=いい音楽
」という認識があります。そのギャップのために、特典商法などに対して違和感を抱く人もいるのではないでしょうか。

 それはありますね。先日もある人から「フォークロックのランキングみたいなものをつくって、世の中に浸透させてほしい」と要望を受
けました。それはやろう、と考えています。いま、演歌ランキングで1位を取るということが、演歌歌手の人たちにとっての現実的な目標
になっています。そういうのをフォークロックでもやる。

 そこでは、そういう(特典商法のような)ポップス特有の売り方みたいなものは排除されるので、年齢によってはフォークロックランキ
ングみたいなものを活用してもらえるといいかなと思います。「こっちの方が腑(ふ)に落ちる」という人も、ひょっとしたらいるかもし
れませんし。

 ――大人にも納得感のあるランキングというのは非常にいいですね。一方で、フォークロックも演歌と同じ扱いになるのかと思うと、一
抹の寂しさもありますが。

 やっぱり、時代は巡るんですね。昔、演歌の人たちが感じたことを、いまフォークロックが感じるということなんですよ。40代以上の
アーティストを対象にしようか、買っている人が40代以上の場合を対象にしようかとか、いろいろ考えたんですけど……。とりあえずは
ジャンルで「フォークロック」というものをしっかり立てていくことを、第一歩にしようかなと思っています。(河村能宏、神庭亮介)
(抜粋)
http://digital.asahi.com/articles/ASH4Z46N9H4ZUCVL00T.html
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20150504000538_comm.jpg

3 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

昔、レコードの売り上げ枚数は、レコード会社が
勝手に発表していた。

「これでは本当に売れてるのかわからない」と疑問を持ち
実際にレコード店をまわって売り上げを集計して
ランキングを始めたのがオリコンの小池聰行

信頼できるデータの登場は、業界のぴっぱりだこになり、今の地位を築いた。

もし、今のランキングが信用できないものなら
本当の人気を調査する者が現れれば
天下を取れる

4 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

親父が泣いてるわ

5 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

社長自ら私情発言ですか。
そらランキングの権威落ちますわ。

8 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

この人いわば日本のポップ音楽を瀕死に追い込んだ人物でしょ

18 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

いいんじゃねえ。金出すのオタクだし。

22 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

商法はいいよ
マイク持って歌うならせめて口パクはやめろ

29 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

名社長でいらした故人のごく潰しだっけ?

31 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

セイケイビーwwwwwwww

41 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

楽しいとかそういう問題じゃないだろ

54 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

楽しいとかそういう問題じゃない

57 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

それをおまえが言ったら終わりだろ
先代も草葉の陰から腸煮えくり返ってるたろうか

65 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

イベントはイベントで入場料を取ってやればいいじゃない

68 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/

同じCDを7、8枚買うことが異常なのに、感覚がマヒしてんのかな?

元スレ:【音楽】オリコン社長 小池氏 「AKB商法は間違っていない」「実際にAKBのイベントに行ってみてほしい。すごい楽しい」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1431156434/

スポンサーリンク
Posted on by カテゴリー: 音楽 タグ: ,

【音楽】オリコン社長 小池氏 「AKB商法は間違っていない」「実際にAKBのイベントに行ってみてほしい。すごい楽しい」” への6件のコメント

  1. オリコンって、まだ商売成り立ってるのか。それだけでも奇跡だわな

  2. なんでもありの売上ランキングと
    ヒットランキングを分ければいいんだよ

コメントを残す